カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

894navi_master

『店長日記』では、新しく追加した商品や、奄美の風景などを写真で紹介しています。 たまには見てね(^_-)-☆

店長日記はこちら

モバイル

Feed

村松 健 (むらまつ けん):Japanese Piano

3つのCM使用曲で綴られた SIDE A onlyのアルバム
近年手がけたCM曲のフルバージョン化を求める声に応えて、この夏製作を開始。
その過程で3つの曲から村松健に与えられたひとつのイメージが、この15分間に結実した。

ピアノから日本語が聴こえてくる…
たおやかな唄ごごろと独特のタイム感覚、日本人の心の琴線に触れる音---それはこの国の 風土風水に育まれたなじみの音楽。日本語の響きとこの国の感性とともに磨かれてきた 村松健のピアノは、世代や性別を超えて、自分が日本人であることを思い出させてくれる。

村松 健のもうひとつの声「三線」
この国の古きを巡る旅を続ける村松健のシンボル。三線の所作の生み出す”刻まれる鼓動” や”うねるようなエネルギー感”---アルバムの最後に加わるその音は、ピアノに寄り添うように 優しくでも確かな存在感で、現実の世界に暮らすオーディエンスを、懐かしさや安堵感へと導く。

1. 思いは海を越えて
The desire crosses the waters
富士通「暮らしと富士通」TVCM使用曲

2. き・ぬ・ず・れ 〜衣の気配〜
The rustle of your dress
京都きもの友禅 TVCM使用曲

3. 寝しなのおはなし
A bedside story
小学館『国民読書年』ラジオCM使用曲